GO FIGHTERS!!

3年前の雪辱を果たし、31回目の甲子園ボウルV

甲子園ボウル 1Q 2Q 3Q 4Q FINAL
関学 14 14 42
日大 14 10 24

'20/12/13 甲子園球場

コロナ禍での特別開催として、東西大学王座決定戦として行われた甲子園ボウル、
3年前に敗れた日大に雪辱を果たす機会を得た関学が、
相手の猛攻に苦しみながら、それを上回る攻撃力を見せつけ、勝利しました。

前の試合の怪我で、決して本調子ではないと思われる相手のエースQBですが、
序盤は、関学ディフェンスに的を絞らせないプレーで、苦戦を強いられました。
しかしながら、、中盤からは、関学ディフェンス陣もしっかりとアジャストしてくれました。

大変なシーズンでしたが、甲子園ボウルで勝利! 最高の結果となりました!

@ 日大のキックで試合開始。
  そのキックを三宅が
  日大陣21ydまでリターン。
  いきなりチャンスをつかむと
A 奥野から糸川へのパス、
  鶴留、前田公のランで
  攻め込み、
  最後は、三宅から
  梅津へのパスで先制のTD
  (TFP永田K)。7-0
B しかし、日大もすぐに反撃。
  関学のディフェンスが
  対応できないまま
  TDを奪われてしまい7-7
C 次のシリーズも
  日大の攻撃を止めれず。
  TDを奪われ7-14に
D 関学も負けません。
  前田公のランで
  立て続けに1stDを
  奪い攻め込むと
E 奥野から三宅への
  パスでTD
  (TFP永田K)。
  14-14の同点に  
F 日大の攻撃に
  ようやくアジャストした関学。
  ランのコースを粘り強く
  塞いで、なんとか抑え込みます
G 再び攻める関学、
  奥野から鈴木への
  ロングパスで
  敵陣へ攻め込むと
H 奥野から前田公、
  三宅への連続ショベルパスで
  前進。さらに前田公のランで
  敵陣1ydまで迫ります  
I 4thDに追い込まれると
  ギャンブルを選択。
  大村のランでTDを
  奪いました
  (TFP永田K)。
  この後、日大に攻め込まれますが、
  FG失敗に終わり、
  21-14で前半終了
J 後半開始。
  先に追加点を奪い
  突き放したかった関学ですが、
  1stシリーズで
  TDを狙ったパスを
  相手にインターセプトされ
  追加点ならず
K それでも、すぐに
  攻撃権を奪い返すと
  今度は、ランで
  ジリジリと前進。
  奥野から鳩谷へのパスの後、
  前田公、鶴留のランで
  連続して1stDを更新
L さらに奥野から
  小林陸へのパス、
  齋藤のランで前進すると
  最後は三宅のランでTD
  (TFP永田K)。28-14 
M これで安泰と思いましたが、
  第4Q、相手のエースRBに
  独走TDを許してしまい
  28-21に
N しかし、関学も負けません。
  直後の攻撃、
  反則で苦しいポジションと
  なりますが、
  奥野が鈴木に
  ロングパスを通して敵陣へ
O QBサックでロスを
  奪われると
  再び奥野から
  鈴木へのパスで
  1stDを更新
P さらに奥野から糸川への
  TDパスも決まりました
  (TFP永田K)。
  35-21と再びリードを
  広げます
Q 直後の日大の攻撃で
  FGを決められますが、
  関学も三宅の53yd独走TDで
  追加点(TFP永田K)。
  42-24となりました。
  三宅は甲子園ボウルMVPに
R 日大最後の攻撃を止めると、
  そのまま時間を使い切って
  試合終了となりました
S 優勝杯を受け取った鶴留主将。
  大変なシーズンとなった
  この一年間の努力が実りました
  ミルズ杯は奥野が受賞です

Game Schedule & Resultsに戻る

E-list BBS Search Ranking Colosseum Go to Top